身長伸ばすには食事を改善しましょう~必要な栄養素はサプリで~

家族

カルシウムを補充

栄養補助食品

原因と予防方法

骨粗鬆症とは、骨の中のカルシウムが抜けていき、骨密度が下がってしまうという病気です。骨粗鬆症は、日々の食事によるカルシウムの摂取量が少ないことが、原因のひとつとなっています。カルシウムを十分に摂取していないと、体は筋肉や神経に必要となるカルシウムを、骨から使おうとします。それが続くことで、骨粗鬆症になってしまうわけです。したがってこれを防ぐためには、不足しているカルシウムを、サプリメントなどで補充することが必要となります。十分に補充していると、骨のカルシウムは抜けにくくなりますし、骨密度は高くなっていくのです。また、ビタミンDのサプリメントと一緒に飲むと、カルシウムが体に吸収されやすくなり、さらに高い予防効果が期待できるようになります。

加齢による骨密度の低下

高齢になると、骨からカルシウムが抜けやすくなります。特に女性の場合、女性ホルモンの分泌量が減少することで、一層骨密度が低下しやすくなります。というのも、女性ホルモンにもまた、カルシウムの吸収率を高める力があるからです。女性ホルモンは、更年期になると分泌量が減っていくので、更年期の女性の多くが、骨粗鬆症を防ぐため、カルシウムのサプリメントを飲んでいます。また、イソフラボンのサプリメントを飲む人も多くいます。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、摂取すると、体は女性ホルモンがしっかりと分泌されているような状態になるのです。高齢化により、骨粗鬆症の不安を抱える人は増えています。それに伴い、サプリメントによって予防する人もまた、増えていくと予想されています。