身長伸ばすには食事を改善しましょう~必要な栄養素はサプリで~

家族

尿酸値上昇が招くもの

ご飯

中年男性だけじゃない

男性に多く見られる「痛風」は、かつては中高年での発症が最も多いとされていました。しかし最近では20代や30代などの若い世代で痛風の発症が増えています。原因としては、食生活の乱れが考えられます。痛風は血液中の尿酸が増加することによって起こるものです。これは高尿酸血症という状態で、その結果痛風では関節炎の症状が現れます。痛風の改善や予防のためには、尿酸値を上げないことが重要となります。尿酸値は食事やお酒などでプリン体を過剰に摂取することで上昇します。プリン体が多い食品は、レバー、白子、アジの干物などがあげられます。プリン体の少ない食品は、かまぼこ、豆腐、乳製品、野菜、炭水化物などです。なるべくプリン体の含有量が少ない食品を食事に取り入れ、尿酸値の上昇を抑えるようにしましょう。

プリン体にはアンセリン

痛風は圧倒的に男性に多く発症します。その理由としては、外で飲む機会が多いことが考えられます。外で飲むというのは居酒屋で飲むということです。居酒屋でおつまみとして出されるメニューはプリン体が豊富に含まれる食品が多いのです。なので、状況的に男性に多く発症するというだけであって、年齢性別関係なく起こりえる病気として捉えるのが良いでしょう。なので、普段の食事から予防や対策を行うのが望ましいとされています。プリン体の摂取を控えること以外に、食事面でできる対策は「アンセリン」という成分の摂取を心がけることです。アンセリンはアミノ酸の一種で、マグロやカツオ、鶏の胸肉などに多く含まれています。プリン体をエネルギーとして使いやすくする栄養素なので、結果的に尿酸が作り出されるのを抑制してくれます。食事だけでは効率よく摂取することが難しいので、サプリメントを利用している人が多くいます。医師の処方箋も必要なく、薬ではないので副作用の心配もありません。手軽で安心して利用できるという点でも人気が高まっています。